中華人民共和国との最初の出会いは、今から15年前でした。
当時勤務していました衄邯絛箙圓らの派遣で、北京語言大学、
上海外国語大学への留学を経て、富士銀行(現みずほ銀行)の
上海駐在員事務所、大連支店、北京駐在員事務所での勤務。
2004年には衄邯絛箙圓両絣っ鷓澎事務所の開設を果たし、
40歳を機に起業いたしました。

「世界の工場」と呼ばれ製造拠点として世界中の外資企業の
受入れを果たした中国ですが、近年の驚異的な経済発展を背景に
「世界の市場」としてあらためて注目され始めています。
更に昨今の[食の安全確保][美と健康への憧れ][高品質の追求]が
特に上海など都市部では大きなトレンドトピックス
となっており、日本製品の評価が高まってきています。
実際に上海の一流百貨店やスーパーでは、
高額な日本商品が飛ぶように売れております。
まだまだ日本の地方都市には、素晴らしい商品を創っている企業が
たくさんあり、それらの商品をどうやって巨大な市場である中国で
売ることが出来るか?
クライアントである企業様とスクラムを組み、
そのお手伝いをさせていただいております。

写真1

写真2

2008年には、神戸の森田茂伸税理士らとの共同起業により
上海M−TAC企業管理諮詢有限公司を設立。
華東地区を中心に、現地の日系企業様の直面する問題解決に
微力ながらサポートさせていただくつもりです。
本業である会計や税務は勿論のこと、
法人登記、人材採用、労働契約、ビザ取得、資産評価、信用調査、
外貨管理、資金調達まで幅広くお手伝いいたします。

世界は今厳しい経済危機の最中にあり、日米欧は軒並みマイナス
成長へ落ち込むことが危惧されています。
中国もこうした環境とは無縁ではなく、2008年の経済成長率は
9.0%にとどまり、2003年以来続いていた2桁成長をついに
割り込む結果となりました。しかしながら、
世界を見渡せば9%成長とは目を見張るばかりの成長であり、
当面は唯一の頼みの綱として
中国経済の力強い成長に期待せざるを得ない状況です。

ページのトップへ戻る
Bソフト